dai

参加者へのご案内

A.参加者の皆様へ

1.参加費

【事前登録】6,000円(会員・非会員共)
【当日登録】7,000円(会員)・8,000円(非会員)

2. 受付場所・日時

総合受付:都市センターホテル2 階(フロント階)ホワイエ
日  時: 5月14日(日) 8:30~17:30(参加受付は16:00終了)
当日登録の方は総合受付にて参加費をお支払いいただき、参加証(兼領収書)とプログラム抄録集をお受け取りください。
※事前登録された方の参加証にはお名前が印刷されています。
※抄録集(追加)も販売いたします。(一部2,000 円)

3. 各種単位認定等について

当日11:00までに受付された方には下記単位シール引換券をお渡しします。
同日16:30~17:30に総合受付(2階)にて単位シールの引き換えを行います。
【1】 日本老年薬学会 認定単位4単位

※学会発表される方(筆頭演者に限る)には上記とは別に2単位が付与されます。
 シール交付はなく、申請の際、当日配布されるプログラム抄録集の本人掲載ページ
(プログラム頁・抄録頁)と共に申請ください。

【2-1】日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度 認定単位4単位(予定)
【2-2】日本病院薬剤師会 研修単位4単位(予定)
※【2-1】【2-2】は重複しての発行はできません。どちらか一方を選択してお受け取り下さい。

4.ランチョンセミナー

ランチョンセミナーにつきましては整理券の配布を行います。
≪ランチョン整理券配布≫
・5月14日(日)8:30~11:00(無くなり次第終了)
・整理券はランチョンセミナー開始をもって無効となります。
 開始時間までに各会場にお越しください。

5.企業展示のご案内

3階ロビー内に設置します。

6.クローク

5階「松」にクロークを設置しております。
≪クローク時間≫
5月14日(日)8:30~17:30
傘・貴重品のお預かりはできません。

B.座長の方へ

【口演セッション】

座長は、セッション開始10 分前までに会場内の次座長席にご着席いただき、進行席スタッフに到着の旨お知らせください。
ご担当のセッションの口演・質疑応答時間を厳守し、時間内に終了するようにご配慮ください。

≪発表時間≫ 

【一般口演】1演題あたり、発表5分+質疑3分、計8分
【優秀演題候補セッション】1演題あたり、発表7分+質疑5分、計12分
【シンポジウム】座長の指示に従ってください

ご担当のセッションの発表・質疑応答時間を厳守し、時間内に終了するようにご配慮ください。

C.口演演者の方へ

1.PC 受付

PC 受付は、3 階 ホワイエにて行います。必ず発表の30 分前までにPC 受付で発表データを登録し、発表10分前までに会場内「次演者席」にて待機ください。

2.PC 発表要領

  1. 全てPC による発表となります。
  2. OS はWindows7、ソフトはPowerPoint 2007、2010、2013 に限ります。
    Macintosh のデータは受け付けません。(PC持ち込みは可能)
  3. データ受付はUSB フラッシュメモリもしくはCD-R のみとします。
    ファイルサイズの上限は700MB(CD-R1 枚以内)です。
    なお、CD-R は文字化け等がなく、データが正確に読み込めることをご自身以外のパソコンで必ずご確認ください。
  4. ファイル名は「氏名」で設定してください。
  5. 使用するフォントは文字化けを防ぐためPowerPointに標準設定されているフォントをご使用ください。
    これ以外のフォントを使用した場合は、文字・段落のずれ・文字化け・表示されないなどのトラブルが発生する可能性があります。
  6. Macintosh、動画での発表の場合は、ご自身のPC をお持込みください。
    お持込みの場合、電源アダプターも一緒にご持参ください。接続は外部モニター出力用にMiniD-Sub 15 ピン端子(Macintosh の場合は変換コネクター)が必要になります。
  7. 画像の解像度はXGA(1024×768)です。
    このサイズより大きい場合スライドの周囲がきれてしまうのでご注意ください。
  8. 発表は1 面投影とし、演台上にはモニター、キーボード、マウスが設置されていますので、各自の責任で操作してください。
  9. プレゼンテーションモード、音声の使用はご遠慮ください。
  10. ご発表後のデータは事務局が責任を持って消去します。
  11. 最近は、USB フラッシュメモリを介して拡散するウイルスの被害報告が急増しております。ご使用のUSB フラッシュメモリはウイルスチェックを済ませた上で、お持ちいただくようお願いいたします。

3. 利益相反

演者は細則(自己申告の基準)第3条にしたがい、発表演題に関する前年1年間(2016年1月~12月)の利益相反について様式を用いて申告(発表冒頭、表紙の次に加える)が必要です。

利益相反指針 利益相反指針細則 様式サンプル

 

ポスター演者の方へ

1. ポスター貼付・撤去について

 演者はポスター貼付時間内に掲示を済ませてください。
貼付、討論、撤去時間、およびポスターサイズは下記のとおりです。
ポスターは各自責任をもって下記時間内に撤去してください。
≪ポスター貼付≫ 5月14日(日)8:30~10:50
≪ポスター討論≫ 5月14日(日)10:50~11:50
                  (奇数番号)
                15:40~16:40
                  (偶数番号)
≪ポスター撤去≫ 5月14日(日)16:30~17:00

※見づらいため下部20~30cmは余白(掲示しない)とするのを推奨します。

2. ポスター討論について

下記時間帯に自身のポスターの前で自由討論とします。
座長はおりませんので、時間帯内に自由にご議論ください。
奇数演題番号 10:50~11:50
偶数演題番号 15:40~16:40

3. 利益相反

演者は細則(自己申告の基準)第3条にしたがい、発表演題に関する前年1年間(2016年1月~12月)の利益相反について様式を用いて申告(発表冒頭、表紙の次に加える)が必要です。

演者は細則(自己申告の基準)第3条にしたがい、発表演題に関する前年1年間(2016年1月~12月)の利益相反について様式を用いて申告(掲示内容の最後)が必要です。
※様式サンプル、利益相反指針は上記「口演演者の方へ」を参照ください。

E.質疑応答について

  1. 質疑応答に関しては、座長の許可を得てから発言してください。その際は最初に所属、氏名を述べてからご発言ください。
  2. 時間が限られていますので、質疑者は発表の終了間際に予め会場内の質疑用マイクの前に立ち、複数の質疑者がいる場合は後ろに並んで順番をお待ちください。進行、質疑の許可は座長に一任しております。
  3. 質疑応答の記録は一切とりませんので、予めご了承ください。

F. 優秀演題表彰について

14日午後に行われる一般演題「優秀演題候補セッション」では、委員が発表内容を評価し、最も優れた演題を「優秀演題賞」として閉会式で表彰いたします。

G.会場内での撮影・録音について

会場内での撮影・録音は禁止といたします。

H.その他

  1. 会場内は、禁煙です。
  2. 講演中の会場内では、携帯電話の電源を切るかマナーモードに設定してください。